宿題・独習

毎日の学習習慣を定着させる

飛躍的に能力がアップする

現役生は、指導を受けない時を重視するので、
『学習』を定着させるべく、
学んで』『習する』意を汲み、宿題を学校の学習に鑑みながら、適量毎日出します。
学習の習慣が付いていない生徒へは、毎日1問~3問内で、尚且つ、出来る所まで遡ってスタートし、生徒の意欲に準じて1枚・2枚・・・と出来る分量を毎日出します。
宿題は、定着と学習の体力作りの為です。
成績の悪い生徒は単に勉強しないだけ!しないといけないと分っていても、する事が面倒で出来ないだけです!
どれだけ素地力が高くても、しなければ成績には反映されません!
大人でもそうですが、分ってはいるが、つい、ぐずぐずしていると、アッと云う間に時間が経過して行って本気になった時にはもう間に合わない!手遅れ状態!になっている場合が多いものです。
ですが、その道の達人に出会うと今迄面倒だった勉強がよく分り出し、勉強ほど面白いものはないと楽しくなるから不思議なものです。
分り出すと、成績がクラスで、学年で、上位になって行き、それが安定し出すと、すっかり先生の信者になり、嫌われたくないので、否、好かれたい、褒められたい一心から、能動的に積極的に宿題も勉強もやり出します。
そして、自分も家族までもが、驚くほどのピッチで頂点へと登り始めます。
『学習』すること、特に積み上げ教科の『数学・英語』は、毎日『学習』する事が大切だと自分で気が付き出します。
“学んで習する”なんと楽しい言葉なのでしょう。